カラコンに関する疑問などを、詳しく丁寧に解説するサイト『カラコンQ&A』

●●●使用方法●●●

【装着前に】

カラコンをつける前に目ヤニや充血が無いかチェックします。
異常を感じたら無理にカラコンを装着せず、眼科医の診察を受けましょう。
眼やカラコンに傷をつけないためにも爪は短く切っておき、両手は石けんできれいに洗って
水でよく流しておきます。
手が汚れているとカラコンに汚れが付着し、眼の障害に繋がる事もあるので注意します。
またハンドクリームが付いた手での洗浄は、汚れや変質などの原因になり使用できなくなる
場合がありますので使用を控えてください。

【装着方法】

カラコンをつける眼と反対の手の人さし指にのせ、中指で瞼を開きます。
まばたきをしないようしっかり引き下げ、もう一方の手で大きく眼を開かせます。
まっすぐ前を見た状態で、カラコンを黒目の上にのせます。
ゆっくりと指を離して、数回まばたきをします。

【外し方】

装着前と同じように、きちんと手を洗いましょう。
鏡を見てカラコンの位置を確かめたら、上を見上げるようにしてください。
眼を大きく見開いて、はずす側と同じ側の人差し指で瞼をを下げます。
その状態でもう一方の手の親指と人差し指でカラコンをつまみ、外します。

【洗浄・消毒】

カラコンの洗浄方法は、まずレンズケースを洗浄して洗浄液(保存液)をいれます。
次にカラコンを手の平に乗せ洗浄液を数滴落とし、こすり洗いをします。
裏面も同じようにこすり洗いをしたら両面を洗浄液で濯ぎ、レンズケースにカラコンを入れ
キャップをして、4時間以上放置すれば消毒が完了します。

【保存の仕方】

カラコンの保存には、レンズケースとカラコン専用の保存液を使います。
綺麗に洗浄したケースに保存液を注入して、洗浄したカラコンを収納してからしっかりと
キャップを固く締めましょう。